珈琲焙煎の特徴

珈琲を飲用するためには生豆をロ−ストしなければならず、コ−ヒ−焙煎は生豆に対して加熱と水分除去を行い、豆を膨らませることにより豆の持っている芳香成分を十分に引き出す作業であります。

各種焙煎機の特徴
焙煎の種類 ロースターの構造 珈琲の特徴
直火式焙煎 穴のあいた有孔ドラムによる直火焙煎 珈琲本来の持ち味を引き出しやすい、しかし焙煎は難しい。
半熱風式焙煎 穴のない無孔ドラムを直火にかけ熱風もドラムの中へ送り込む焙煎 直接豆に火が当たらない為画一的な味わいになる傾向があるが比較的焙煎しやすい。
熱風式焙煎 穴のない無孔ドラムに熱風のみを送り込む焙煎 大型ロ−スタ−に多く大手メ−カ−などで使用される事が多い。

当店自慢のロ−スタ−(直火式)による焙煎手順を簡単に説明いたします。




まず電源を入れドラムを回転させバ−ナ−に着火し十分に釜を暖めます。
そして、釜が暖まったのを見計らい珈琲の生豆を投入します。
その時に火力とダンパ−の開閉には細心の注意をはらいます。



さらに、焙煎をすすめて行く上でサンプルスプ−ンによりサンプルを
取り出し、目視による色づきや豆の表面のしわの変化をそして、嗅覚
による芳香の変化を敏感に感じとり、さらなる火力の調整やダンパ−
の調整を行っていきます。
そうしていきますと、豆がはぜてきます(1 はぜ:パチパチと音がな
ってくる)それからは各豆の種類により火力調整を行い目視と嗅覚に
より豆の煎り止め時期を見極めます。 



豆の中には2回目のはぜまで(2はぜ:ピチピチという音がなります)
入るものもあり、それぞれの豆の性質を考慮しまして一番美味しいと
ころで仕上げます。







Copyright(c) COFFEE GALLERY NOB All Rights Reserved